RUDE GALLERY TOKYO

CLOVER COLLAR VEST

50年代から60年代に流行のカラー“クローバーカラー”

ノッチドラペル・ピークドラペルが大分類で良く耳にするラペル(衿部分)のデザインとなっておりますが、クローバーカラーは丸みを帯びたラウンド状のラペルデザインです。
ネック部分の形状では背面から後ろ襟部分のパターンを試行錯誤し、ショルダーから裾にかけて美しい流線型のシルエットにしました。
加えてフロントではポケット下部でのダーツ使いにより、ウエストに沿うスマートな印象を演出しております。
また、ラペル部分の仕上げでは滑らかな曲線のロールで立体的な襟元を演出しました。

今季のLOOKでもご覧頂いております通り、シックな印象の本アイテムにあえて断ち切り仕様のシャツやTシャツなどを合わせ、 エレガントとインエレガントの美しいコントラストをお楽しみ頂けたらと思います。

LOAD MORE